化学療法科の看護師 給料は全科の平均より高い

化学療法科の看護師は給料が高いと言われますが、基本給は院内どの科でもさほど変わらず、院内全科の平均より少し高い程度と考えた方がいいと思います。最終的に化学療法科 看護師の給料が高いか低いかは残業・夜勤の多さで決まるのです。

化学療法科の看護師 給料は経歴や免許、雇用形態によって変わる

化学療法科の看護師 給料については、まずは過去の経歴や免許によって変わってきます。

中卒や社会人等、色々な経歴で取得する人がいますが、准看護師の免許を持つ方は基本給約16万円+諸手当約4万円+夜勤手当約4万円で、計約24万円が相場となっています。

一方正看護師の免許を持つ方は、看護の専門学校を3年卒で取得した場合と大卒とで分かれます。前者は基本給約20万円+諸手当約5万円+夜勤手当4万円で、計約29万円が相場となります。一方で後者は基本給約21万円+諸手当約5万円+夜勤手当4万円で、計約30万円が相場となります。

准看護師より正看護師、専門学校卒より大卒の方が給料が高い結果となり、この傾向は化学療法科の看護師 求人に限らず全科共通だと思います。

先程の看護師の給料には、更に残業手当や交通費、住宅手当などが加給され、個人差が出るところではありますが、最終的には給与が約35万円くらいになります。ただしここから雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金等が引かれますので、手取りは約30万円といったところになります。

次は雇用形態で給料を比較していきますが、先述した給料は常勤、いわゆる正社員の給料になります。これ以外にも非常勤、いわゆるパートとしての働き方が選択できます。

女性で結婚されてお子様がいらっしゃる看護師であれば、家事や育児等もしなければならず常勤として長時間労働するのは大変です。そこで非常勤は働き方として大変人気となっています。

しかし、仕事内容にはさほど差がない割には給料が安く、時給制で約1400~1600円が相場となっています。普通のアルバイトに毛が生えたようなもので、常勤並みの日数働いたとしても月給が約21万円程度です。ボーナスや退職金はなく、社会保険に加入できなかったり住宅手当が少ない場合が多いです。

またプリセプター(教育者)が付かないことも多く、自主的に学ぶ必要があるところも多いです。

この他に夜勤専従といって夜勤専門の看護師を雇用しているところも多く、この場合、給料は回数制で1回あたり約25000円~30000円が相場となっています。ちなみに非常勤や夜勤専従という働き方でも他科とほとんど給料に差はありません。こうした事情は化学療法科でも同じです。

化学療法科の看護師 給料を上げるにはキャリアアップと認定制度

化学療法科で看護師が給料を上げるにはどうしたら良いのでしょうか?看護師のキャリアでは主任や師長なるものがありますが、看護師が多い中でそのポストは少なく昇給の機会は少ないです。

ただ看護師は女性95%で構成されているわけですので、出産等のイベントで退職する方が多い為、実力があり長く続けていれば昇進できます。

また認定制度についてですが、看護師免許取得後に実務研修が通算5年以上あり(うち3年が認定分野)、また半年程度の認定看護師教育機関課程を修了し、認定審査で筆記試験をパスすれば認定看護師になれます。

認定審査自体は1年に1回あり、90%がパスしているので、真面目にやればさほど難しいものではありません。

化学療法科に関連する認定看護分野は様々ありますが『がん化学療法看護』、『緩和ケア』、『がん性疼痛看護』、『がん放射線療法看護』、『乳がん看護』、『手術看護』、『感染管理』等があります。

これらは複数認定を受けることが可能です。では、化学療法科の看護師が認定看護師になった場合、給料が上がるかどうかについてですが、結論から言えば上がります。

ただ認定看護師であっても、まずは職場である化学療法科が認定看護師を必要としているか否かで変わります。必要とされていた場合、月数万円上がりますし、必要とされていない場合、通常の看護師と待遇に差は出ません。

アップする金額は職場によって様々なのが現状です。ただし、認定看護師がケアに当たった場合、診療報酬が与えられるケースは多いです。

認定看護師は非常にいい制度で今後の活躍が期待されていますが、まだ仕組みは不十分で活用され切っていないのが現状です。しかし、化学療法科の看護師がこれを持っていて損することはありません。飾りにならないよう注意は必要です。

いかがでしたか?化学療法科 看護師の給料について、もう少し具体的に知りたいと思ったあなたは、看護師転職サイトに相談してみてください。思いもよらない給料アップが、あなたを待ち受けているかもしれません。

このページの先頭へ